世界日報 Web版

シリア撤収後の再派兵は困難、トランプ氏に警告 Warnings for Trump: No going back after troops leave Syria


 イラク、レバノン、ソマリアなどに派遣された米軍が一時的に撤収することは過去40年間に何度かあった。米軍は戦闘が起きるたびに再派遣されるからだ。

 しかし、アナリストらによると、トランプ大統領が提案しているシリア撤収は、このパターンとは異なる可能性がある。戦禍のシリアにはロシアが居座り、トランプ氏はこの主要選挙公約を頑として譲らない姿勢を貫いているからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ