世界日報 Web版

共産党の本質見誤った米


ジェームズ・マン氏

米中新冷戦 第3部 識者インタビュー (14)

元ロサンゼルス・タイムズ紙北京支局長 ジェームズ・マン氏

2007年の著書『ザ・チャイナ・ファンタジー』で、米国は中国が経済発展すれば、政治も自由化していくという「幻想」にとらわれていると指摘したが、米国はようやく幻想から覚めたのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ