世界日報 Web版

トランプ氏、世銀の気候変動への取り組みを転換か Trump likely to reverse World Bank’s climate focus


 イバンカ・トランプ氏の世界銀行総裁への立候補が否定される一方で、トランプ大統領が総裁ポストの空席を利用して、国際金融機関、世銀の焦点を、これまでの気候変動への取り組みから、安価で信頼性の高い化石燃料エネルギーを開発途上国に提供することにシフトさせるのではないかとみられている。

 ホワイトハウスは14日、イバンカ氏は立候補を考えておらず、キム総裁の後継選びを支援すると発表した。キム総裁は先週、2月1日に辞任すると発表、5年の任期終了まで3年あり、大きな波紋を呼んだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ