世界日報 Web版

「反抗的国家」の国外退去者受け入れが増加 Recalcitrant countries now taking back U.S. deportees


 シエラレオネは長年、米当局者らを見下し、国外退去への対応も遅く、国土安全保障省の「反抗的国家」に指定された。オバマ政権の最後の2年間に受け入れた国外退去者は、わずか21人だった。

 トランプ大統領は、就任時に対策を講じることを宣言、最初の大統領令の一つは、これらの国々の中でも特に反抗的な国へのビザ発給を停止するものだった。シエラレオネ政府が、2017年8月に制裁の対象になると、すぐに変化があり、2017年度には44人、2018年には79人の国外退去が受け入れられた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ