世界日報 Web版

米ユダヤ教会堂襲撃の背景


佐藤 唯行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 10月27日、米ペンシルベニア州ピッツバーグ市東郊のユダヤ教会堂(シナゴーグ)に男が押し入り、安息日礼拝を行っていた信徒めがけ発砲。11人を殺害し、2人を負傷させた。男は駆け付けた警官隊との銃撃戦で4人の警官を負傷させたが、自身も被弾し投降した。犯行現場は市内で最も多くユダヤ教徒が集住する住宅地の一角にあった。悲報に接した在米ユダヤ社会の衝撃は大きかった。

 全米各地のユダヤ教会堂は模倣犯の出現を恐れ、扉を固く閉ざし武装警備員の数を増やすなど厳戒態勢を強めたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ