世界日報 Web版

米海軍、ロシア極東沖で「航行の自由作戦」


 米海軍は5日、横須賀基地に配備されている太平洋艦隊のイージス駆逐艦「マッキャンベル」が、ロシア極東の日本海に面するピョートル大帝湾付近で「航行の自由作戦」を実施したことを明らかにした。海域でのロシア軍の活動を牽制(けんせい)する狙いがある。

 米太平洋艦隊は声明で「(マッキャンベルが)ピョートル大帝湾近海を航行し、ロシアの過剰な海洋権益の主張に対抗、米国などが享受しているこの海域の権利、自由、合法的使用への支持を明確にした」と表明した。ロシアはピョートル大帝湾で、国際法で沿岸から12カイリ(約22キロ)までと規定されている領海外の領有をも主張しているが、米国はこれを認めていない。

 湾内のウラジオストクには、ロシア太平洋艦隊の母港があり、米国がこの海域で「航行の自由作戦」を行うのは1987年以来初めて。

(ワシントン・タイムズ特約)