世界日報 Web版

揺らぐ米軍の「再建」


トランプ大統領(中央)とマティス国防長官

 トランプ米大統領は、財政赤字の拡大を受け、これまで「軍の再建」を掲げて国防費を増額させてきた方針を一転させ、減額する姿勢を示している。これに対し、与党共和党議員や軍関係者らは、軍の近代化を進める中国やロシアに対し米軍の優位性を脅かすとして懸念を表明。トランプ氏に国防費削減方針の見直しを求めている。(ワシントン・山崎洋介)

 トランプ氏は3日、ツイッターへの投稿で「米国は今年、(国防費に)7160億㌦も費やしている。狂っている!」と主張。中国やロシアとの間で軍縮を進めつつ、国防費の削減を求める姿勢を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ