世界日報 Web版

変貌する日本 Changing Japan


 日本は、ダグラス・マッカーサー元帥が第2次世界大戦後に日本の社会を再建して以来、まさに最大の文化変容の段階に入ろうとしている。経済が成功するには高度の技術を有する労働力の存在が鍵となるのだが、その代わりになるものをはっきり持たないまま、日本人は、外国人労働者――中には永住する者をも含む――を入国させようという計画を推し進めようとしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ