世界日報 Web版

海軍司令官、ロシアへの対抗を主張 Admiral cites need to counter Russia


 最近復活した海軍第2艦隊の司令官が28日、米国と同盟国は、北大西洋でのロシアの攻勢へ対応を強化すべきだと訴えた。ロシアが、全面戦争に至ることのない程度に、戦略的に重要な地点で緊張を高め、事態を悪化させているからだ。

 ロシアが先週末、ケルチ海峡でウクライナの艦船を拿捕(だほ)したことで、ウクライナで緊張が高まったが、これによってロシアのプーチン大統領は、米国と同盟国に、一線を越えることなく圧力をかけられる力があるということを改めて示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ