世界日報 Web版

習主席とG20で会談へ、対中貿易合意に強硬派懸念


ビル・ガーツ

 アルゼンチンで行われる20カ国・地域(G20)首脳会議でトランプ大統領が、中国に対し譲歩するのではないかとの懸念が米国の中国専門家の間で高まっている。クドロー国家経済会議(NEC)委員長が27日、トランプ氏は、中国との貿易戦争をめぐる合意は十分にあり得ると考えていると発言したためだ。

 特に懸念されているのは、トランプ氏が中国製品への関税を引き下げるのと引き換えに、中国が知的財産権の侵害など不公正貿易慣行を抑制することで合意することだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ