世界日報 Web版

革新勢力振るわず、民主党は路線対立の表面化も


サンダース氏

検証’18米中間選挙 (下)

 今回の米中間選挙で注目を集めていたのが、今年夏以降に社会主義的政策を訴え民主党予備選で台頭した革新勢力だ。

 6月にはニューヨーク州の下院予備選で、28歳の新人女性候補、オカシオコルテス氏が民主党の重鎮を破る番狂わせで一躍注目を集めた。前回の大統領選で旋風を起こしたバーニー・サンダース上院議員と同じく「民主社会主義者」を自称するオカシオコルテス氏の勝利は、革新勢力台頭の象徴とされた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ