世界日報 Web版

ワーキング・プレス The Working press


 共和国がほぼ建設されて以来、政府と、その政策や統治戦略を発表するメディアとの間に、激しい闘いがあった。

 トーマス・ジェファソンは、「大陸会議」への代表として派遣したエドワード・カーリングトン(軍人、政治家)に向けてパリから書き送った書簡の中で、「新聞のない政府と、政府のない新聞」のどちらかを選ばなくてはならなくなったら「一瞬のためらいもなく、後者を選ぶだろう」と言った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ