世界日報 Web版

イスラム教徒の正念場 The Muslim moment


 ジャマル・カショギの殺人は、世界人口の22%を占める15億人のイスラム教徒、彼らの宗教、そして、方々に散り、広まった彼らの文明を突然襲った危機のすべてを包含している。

 イスラム教徒は、彼らの古代社会から近代化への歩みが、ほんの初期段階のものであるにしても、勢いを増している。そこで、ヨーロッパや西側諸国は自国内での出生率の低下に悩んでいるため、移民の増加は、甚大な影響を及ぼしつつある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ