世界日報 Web版

米最高裁判事にカバノー氏就任


トランプ米大統領(右)とブレット・カバノー判事

 カバノー氏の就任は、トランプ大統領にとって、2016年大領選当選の原動力となった保守派への大きなアピール材料となった。

 カバノー氏は、これまでワシントン連邦高裁判事として、2015年の裁判でオバマ前政権の医療保険制度改革(オバマケア)による企業、団体への避妊費用負担の義務化について、宗教団体の信教の自由を侵害するとの意見を表明。このほか、温室効果ガスなどに対する環境規制に反対するなど、「小さな政府」を志向する保守派の考えに沿った意見を示してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ