世界日報 Web版

ナイキ、40億㌦のファンブル(注1) Nike’s $4 billion fumble


 試合前の国家斉唱で片膝立てることをはやらせたコリン・キャパニックは、彼をナイキの30周年記念を祝うための同社のキャッチコピー「ジャスト・ドゥー・イット」(とにかくやってみろの意)運動の顔にする実入りのいい契約にサインした。かつては、サンフランシスコ・ナインティナイナーズのクオーターバックだった人の白黒の顔写真で広告画面を埋め「何かを信じよ。それがすべてを犠牲にするという意味であっても」という軍隊の招集命令のような語句を並べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ