世界日報 Web版

中国の合成麻薬輸出取り締まり本格化 DEA: 175 fentanyl ingredients were banned in China


 中国は米国への合成麻薬オピオイドの輸出取り締まりを本格化した。米政府当局者が6日、議会で明らかにした。一方で、郵便への監視を強化し、メキシコのカルテルと協力関係にあるネット密輸人らを取り締まるためにさらに対策を強化する可能性もあると強調した。

 麻薬取締局(DEA)と国務省の職員は、中国が、フェンタニルとその類似品の原料となる175品目の輸出を禁止すると明らかにした。その中には先週禁止した32品目も含まれる。また、米国は来年、麻薬取り締まりのための事務所を広州に開設し、国際協力を強化するという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ