世界日報 Web版

米国防権限法が成立、超党派で対中警戒感拡大


800

技術獲得や諜報活動に対抗

 今回成立した国防権限法では、「米軍再建」を目指すトランプ政権の意向に沿う形で総額7160億ドル(約80兆円)の国防予算を計上し、この9年間で最大規模となった。その中で注目すべきは、中国による米国企業の最先端技術の獲得やスパイ活動などに対抗するための措置が目立つことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ