世界日報 Web版

死刑執行人の苦しい立場 The executioner’s complaint


 死刑は、ほとんどあらゆる所で大きな議論を呼ぶ問題であり続けている。数カ所の世論調査では、国が認める殺人が、米国ではかつてのように評判が良くないことが示されている。20年前には、世論調査によって、80%の米国人が「命には命」で、命を取ることを認めていたことが示されていた。中には不承不承認めた者もいたが。現在、承認率は、著しく少数になった多数派に落ち込んでいる。死刑を全面的に廃止させることを目的とする保守派の活発な組織もある。

 欧州連合(EU)も、加盟国に、カナダや、オーストラリアや、そしてニュージーランドの例に倣って、死刑を廃するように説得している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ