世界日報 Web版

米国の分断 NFL選手の「片膝抗議」


コリン・キャパニック選手

米国の分断 第2部 反米・容共の風潮 (1)

 圧倒的な人気で米プロスポーツ界の頂点に君臨するナショナル・フットボールリーグ(NFL)。だが、過去2シーズン、屋台骨を揺るがす騒動に直面してきた。その発端となったのが、一人のスター選手が取った「ある行動」だった。

 2016年8月のプレシーズンゲームで、試合前の国歌斉唱時に起立せず、座ったままの選手がいた。サンフランシスコ・フォーティナイナーズのクオーターバック(QB)、コリン・キャパニック選手だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ