世界日報 Web版

コロンビア次期大統領に和平合意反対派


ドゥケ氏(左)とウリベ氏

 コロンビアでは、1960年代から半世紀以上内戦が続いてきたが、2016年に同国最大の左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」との和平合意が成立。その後、FARCは武装解除に応じるとともに、「人民革命代替勢力(FARC)」として合法政党となり、現在、上下両院合わせて10議席を保有している。この10議席は、和平合意に基づき26年までの期限付きで保証されたものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ