世界日報 Web版

トランプ米政権の1年半


遠藤 哲也

日本国際問題研究所特別研究員 遠藤 哲也

 人物評価、業績評価は棺(ひつぎ)を覆ってからと言われるのに、たった1年半であれ、これを言うのは、至難の業である。しかし、トランプ大統領は、超大国米国の最高首脳であり、その一挙手一投足は世界に大きな影響を与えるので、今の段階でも、とりあえず業績を評価し、日本として両国首脳間の良好な関係を活用して物申す必要がある。本稿ではトランプ政権の外交を中心に振り返ってみたい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ