世界日報 Web版

ハスペル米CIA長官が就任、拷問関与疑惑も手腕に期待の声


トランプ氏(右)とポンペオ氏(左)とハスペル氏

対露政策で影響力発揮

 ハスペル氏は、女性で初のCIA長官で、同局のたたき上げが就任するのは50年以上前のリチャード・ヘルムズ氏以来、2人目。秘密工作に従事してきたため、昨年2月にCIA副長官に就任するまで、公には無名の存在で、今でも同氏の経歴について限られた情報しか公表されていない。

 ワシントン・ポスト(WP)紙によると、ハスペル氏は、1985年にCIAに入局。エチオピアに配属された後、アゼルバイジャンの首都バクーなどで支部長を務めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ