世界日報 Web版

トランプ氏、米朝会談の延期示唆


非核化めぐり正恩氏を牽制

 トランプ米大統領は22日、開催が予定されている米朝首脳会談について「6月12日に行われないかもしれない」と述べ、延期の可能性を示唆した。ホワイトハウスで行われた韓国の文在寅大統領との会談冒頭で述べた。非核化への態度を硬化させる北朝鮮を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

中国に不快感も

 トランプ氏は「(米朝会談の)開催には幾つか条件があり、それを満たさなければ、開催されない」と強調。今回開催されなければ後日行われるかもしれないとした。予定通り開催されるかどうかについては、「すぐに分かる」と述べた。

トランプ氏(右)と文在寅氏

22日、ホワイトハウスで会談するトランプ米大統領(右)と韓国の文在寅大統領(左)(AFP=時事)

 サンダース大統領報道官は22日の記者会見で、トランプ氏が述べた開催の条件について金正恩朝鮮労働党委員長が「非核化を真剣に議論するという約束」をすることだと指摘した。

 一方で、トランプ氏は、正恩氏が非核化に「真剣だと思う」と強調。会談に向けて準備を進めているとした。

 ポンぺオ国務長官も22日の記者会見で、「6月12日に向けて、準備を進めている」とした上で、米朝会談の開催を「楽観視している」と述べた。

 トランプ氏は、非核化の進め方について「一括して進めるのがよい」と強調。正恩氏がこれに応じた場合、「安全を保証する。これは当初から話し合ってきたことだ」と述べ、体制を保証する考えを改めて表明した。

 またトランプ氏は、「韓国、中国、日本が、北朝鮮を偉大にするために協力するだろう」と指摘。非核化を実現させればこれらの国が「多額の資金を投じる用意がある」と述べた。

 さらにトランプ氏は、正恩氏が今月上旬の2度目の訪中で習近平国家主席と会談した後に強硬姿勢に転じたと指摘し、「少し失望している」と中国に不快感を表明した。また、中朝国境での貿易が「最近になって多少活発化している」と述べ、中国が北朝鮮に対する制裁を緩めていると指摘した。

 文大統領は「会談は予定通り開かれると確信している」と強調。「朝鮮半島の運命と未来はこの会談に懸かっている」と述べ、トランプ氏に会談実現を促した。

 韓国大統領府によると、米韓首脳は、北朝鮮が態度を一変させた背景や北朝鮮の体制保証の方法のほか、朝鮮戦争の終結宣言の方式などについて意見を交わした。

(ワシントン山崎洋介)