世界日報 Web版

核・ミサイル解決に「責任」 トランプ氏、米朝会談へ決意


開催候補地2カ所に絞る

 トランプ米大統領は27日、北朝鮮の核・ミサイル問題について「解決する責任は米大統領の私にある」と述べ、6月初旬までに予定される北朝鮮の金正恩労働党委員長との会談に向け決意を示した。米朝首脳会談の候補地については、2カ所に絞り込んだことを表明。一方で北朝鮮が非核化に向けて「具体的な行動を示すまで最大限の圧力は続ける」と妥協しない姿勢も改めて強調した。

トランプ米大統領

27日ホワイトハウスで記者会見するトランプ米大統領(EPA時事)

 トランプ氏は、ホワイトハウスで開いたドイツのメルケル首相との共同記者会見で語った。トランプ氏は、27日に開催された南北首脳会談で「完全な非核化」の目標が示されたことについて「勇気づけられた」と評価。その上で、「何か劇的なことが起きるかもしれない」と期待感を示した。

 トランプ氏はまた、北朝鮮との交渉が「これほどまで進展したことはなかった」と指摘。歴代米政権は「北朝鮮にうまく操られてきたが、過去の政権の間違いは犯さない」と自信を示した。

 一方、ベルギーのブリュッセルを訪問したポンぺオ国務長官は記者会見で、非核化に向けた金正恩氏の姿勢について、「彼は真剣だという感触がある」と表明。トランプ政権が主導した経済制裁によって、金氏は「非核化交渉に応じることが最も利益になると考えた」との見方を示した。

 ポンぺオ氏はまた、北朝鮮の「恒久的で検証可能かつ不可逆的な大量兵器の廃棄」が実現されるまでは、「世界規模で最大限の圧力を継続する」と強調した。

(ワシントン山崎洋介)