世界日報 Web版

対露防衛体制の弱点は大統領


加瀬 みき

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 アメリカの司法省は2016年の大統領選挙に不当に介入し、トランプ候補(当時)を支援した容疑でロシア人13人およびロシア3企業を起訴した。ロシアによるアメリカの選挙への介入疑惑を調査しているロバート・モラー特別検察官の調査報告に基づくものである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ