世界日報 Web版

左向けの扇動的なレトリックを放つ民主党の大統領志望者たち Democratic presidential aspirants unleash incendiary rhetoric in race to left


 2020年の民主党大統領予備選は、極端に左寄りのレトリック競争の様相を呈している。これまでのところ、最も扇動的な攻撃でフロントランナーの地位を得ようとしているのがコーリー・ブッカー上院議員だ。

 ニュージャージー州選出のブッカー氏は、共和党が(ロシア疑惑に関する連邦捜査局の捜査の信用性を疑わせる)機密メモを公表したことを「国家反逆的」な行為だと非難。また先月、キルステン・ニールセン国土安全保障長官を叱り付けたことは、ネットですぐさま広まった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ