世界日報 Web版

「米国第一」の背景、「地政学」の復活を直視


トランプのアメリカ 就任から1年(4)

 トランプ米大統領が昨年12月に発表した国家安全保障戦略(NSS)には次のような一節がある。

 「ライバル国に関与し、国際機関や世界貿易に組み入れることで、これら国々を良性のアクター、信頼できるパートナーに変えられるという仮定に基づいた過去20年間の政策は再考が求められている。ほとんどの場合、この仮定は誤りだったことが判明した」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ