世界日報 Web版

ワシントンの通り名変更にロシア反発 Russians angry over naming of street for slain Putin critic


 ワシントン市議会で、ロシア大使館前の通りの名称を、2015年に暗殺されたプーチン・ロシア大統領の政敵の名前に変更する法案が採択され、ロシアが強く反発している。

 市議会によると、ウィスコンシン通りのロシア大使館前の部分は「ボリス・ネムツォフ・プラザ」と呼ばれるようになる。

 これまでにも、敵対的な国の大使館の住所が挑発的なものにされたことはあるが、今回の変更にロシアの有力議員らは強く反発している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ