世界日報 Web版

「片膝つき」のジェスチャーが遺したもの Legacy of the ‘Kneelers’


 (試合前の)国歌斉唱中に起立を拒否して、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の名前を傷つけた、かつて、サンフランシスコ・フォーティナイナーズのクオーターバックだったコリン・キャパニックは、多分、一休みしているだけだと思っていたのだろう。しかし、今では、「片膝をつくこと」はNFLの全選手がマスターできるプレーになっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ