世界日報 Web版

テキサス銃乱射事件をめぐる空軍の失態が銃規制論議に再び火を付ける Air Force blunder on Texas shooting reignites gun-control debate


 米空軍はデビン・パトリック・ケリー容疑者の犯罪歴をFBIの身元調査システムに提出するのを怠るという失態を犯したことを認め、6日に調査を開始したが、これは銃規制論議の両陣営に攻撃材料を与える結果となっている。

 テキサス州サザーランドスプリングスのファースト・バプテスト教会で26人の死者と20人の負傷者を出す銃乱射事件が発生したことを受け、一方では銃規制支持派が抜け穴をふさぎ、身元調査を厳格化することを求めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ