世界日報 Web版

ペルーが北朝鮮大使追放


核・ミサイル開発理由に

 ペルー政府は11日、北朝鮮が加速させている核・ミサイル開発を理由に、同国のキム・ハクチョル駐ペルー大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)に指定し、5日以内に国外退去するよう求めた。ペルーのエル・コメルシアル紙などが報じた。

キム・ハクチョル氏

北朝鮮のキム・ハクチョル駐ペルー大使=ペルー大統領府提供

 ペルー外務省は、同日付で北朝鮮大使の追放を発表した公告を外務省のHPなどに掲載、「北朝鮮が、国連安全保障理事会の決議に違反し、『国際的な義務履行』や『(核開発の中断など)国際法の順守を求める』国際社会の呼び掛けを無視している」との声明を発表した。

 核実験を含む北朝鮮による最近の核開発では、メキシコが今月7日に北朝鮮の大使追放を決めており、ペルーの大使追放は2例目。北朝鮮の核開発をめぐっては、米国のペンス副大統領が、8月の南米歴訪時にブラジル、メキシコ、ペルー、チリの米州機構(OAS)の主要4カ国に対して外交・貿易断絶などの厳しい措置を求めていた。

 今回、メキシコに続いてペルーが北朝鮮の大使追放に動いたことで、ブラジルやチリなども同様の措置に動く可能性が高まっており、国連による北朝鮮制裁決議と合わせて、主要各国による外交・経済制裁など、北朝鮮に対する国際的な圧力が増すことも予想される。

(サンパウロ綾村悟)