世界日報 Web版

ウェブ上の創意工夫が慈善団体の寄付者集めを助ける Ingenuity on web helps charities reach donors


 「アマゾン効果」と呼ぼう。

 オンライン小売業者アマゾンがマウスをクリックするだけで簡単に商品を購入できるようにしたように、慈善団体も寄付金を募るためにインターネットを活用するようになっている。

 非営利組織向けのソーシャルメディア情報サイト「善のための非営利技術」によると、2016年5月以降、オンラインによる個人の寄付は約40%増加し、1回の寄付金額も18%増えた。昨年、オンラインで行われた慈善寄付は2億8284万8736㌦に上るという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ