世界日報 Web版

トランプ氏が大統領令、送電網へのサイバー攻撃に対応


ビル・ガーツ

 トランプ米大統領は11日、送電網へのサイバー攻撃に備えるよう政府に命じる大統領令に署名した。米軍幹部が、米国の重要インフラがサイバー攻撃に対して脆弱(ぜいじゃく)と証言したことを受けた措置で、サイバー攻撃による長期的な停電への対策を検討することを求めている。

 大統領令は、政府と民間部門のサイバーセキュリティー改善のための政策見直しを受けたもの。送電網へのサイバー攻撃に関する報告を8月9日までにホワイトハウスに提出することを、エネルギー省、国土安全保障省、国家情報長官、州・地方政府に求めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ