世界日報 Web版

「影の国務長官」クシュナー氏


佐藤 唯行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 米政権内の主導権争いが激しさを増している。

 対立の主役は大統領上級顧問のジャレッド・クシュナーと首席戦略官バノンだが、4月初めに前者は後者を国家安全保障会議(NSC)常任委員から外すことに成功したのだ。これはバノンの外交面での影響力をクシュナーが封殺したことを意味する。内政面でのバノンの影響力はいまだ侮れぬといわれるが、トランプの側近ナンバーワンの座をめぐる競争において、クシュナーがリードしたことは間違いないだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ

PAGE
TOP