世界日報 Web版

トランプ政権、不法移民摘発で聖域都市と対立


トランプ氏

 米国の移民政策の焦点は、米国内の1100万人の不法移民をどうするか、海外からの新たな入国をどうするかに絞られる。トランプ氏は大統領選で分裂した国民の結束を望んでいるが、移民政策は米国社会の分断をさらに深めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP