世界日報 Web版

モスル奪還へ米イラク軍が「最後のリハーサル」 U.S., Iraqi forces in ‘final rehearsal’ for campaign to retake Mosul from Islamic State


 米国と有志同盟国の当局者らは、イラク軍の最終訓練が今月半ばまでに終わり、以前から望まれていたモスル奪還作戦実行への準備が整う。モスルは、同国第2の都市で「イスラム国」(IS)が重要拠点としている。

 有志連合「不動の決意作戦」の訓練主任で、カナダ軍准将のデーブ・アンダーセン氏は、今後2週間の訓練が攻撃の「最後のリハーサル」となると言い、軍当局者らは5日、ISIS、ISILとも呼ばれるこのテロ組織を駆逐したとしても、イラク第2の都市を維持するには3万5000人から4万人の兵力が必要だと予測した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ