世界日報 Web版

アジア安定左右する米軍再建


800

 「米国第一」を掲げ、孤立主義的な色彩が濃い共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏の外交・安全保障政策。知日派の代表格リチャード・アーミテージ元国務副長官が、民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン前国務長官への支持を表明するなど、党内からも強い反発が出ている。

 ただ、トランプ氏の政策が党内ですべて否定的に受け止められているわけではない。肯定的に評価されている主張もある。その一つが「米軍再建」を明確に支持していることだ。

 「米軍の抑止力がいったん失われたら、取り戻すのは極めて難しい。トランプ氏は大幅な国防費増額の強力な支持者だ」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ