世界日報 Web版

イスラエル、シリアのイラン武器庫を空爆


ネタニヤフ首相

軍事プレゼンス確立を懸念

 シリアでのイランの軍事プレゼンス確立を懸念するイスラエルは、シリアのイラン関連施設を攻撃したと発表した。トランプ米政権がシリアに駐留する米軍部隊約2000人の撤収を開始したとされる中、イランに圧力をかける狙いがあるものとみられる。(エルサレム・森田貴裕)

露とは継続的協力で合意


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ