世界日報 Web版

中東政治の鍵を握るトルコ、米軍シリア撤退で取引か


トランプ米大統領(左)とエルドアン大統領

 トランプ米大統領が、突然米軍撤退を決断した背景は、エルドアン・トルコ大統領との電話会談にあったとの報道は全世界を駆け巡った。サウジの戦略的重要性から、カショギ問題でサウジを追及するトルコに対して、米国が、トルコがテロ組織に指定するクルド勢力への支援を放棄する代わりに、トルコがサウジへの圧力を軽減する密約が成されたとの見方が支配的だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ