世界日報 Web版

イスラエルの思想と自己犠牲


加藤 隆

名寄市立大学教授 加藤 隆

 『ツキを呼ぶ魔法の言葉』の著者として一世を風靡(ふうび)した五日市剛氏だが、彼が学生時代にイスラエルで出会ったおばあさんの言葉は人を引き付ける。「良いことがあったら“感謝します”と言ってみてはどうかな。それにこの言葉は、願っていることがまだ実現していなくても“そうなりました。感謝します”と言い切ると、本当にそうなるんだから」。つまり、未来のことであっても、既に叶(かな)ったこと、実現したこととして言葉にすると、未来と現実が繋(つな)がってしまうのだと教えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ