世界日報 Web版

サウジ皇太子、G20出席へ


記者殺害事件後初の外遊に

 サウジアラビアのムハンマド皇太子は、今月末からアルゼンチンで開催予定の20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する。同国紙サウジ・ガゼットが19日、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相の発言として、報じた。

ムハンマド皇太子

ムハンマド皇太子(AFP時事)

 同皇太子の外遊は、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で発生したサウジ人ジャーナリスト、カショギ氏殺害事件後初めてとなる。

 G20首脳会議には、トランプ米大統領やエルドアン・トルコ大統領も参加する予定で、同事件への関与が取り沙汰されている同皇太子とどんなやりとりが行われるのか注目される。サウジ政府は、一貫して、同事件への同皇太子の関与を否定しているものの、エルドアン大統領は同皇太子の関与をほのめかし続けており、複数の米紙は、米CIA(米中央情報局)が、同事件への同皇太子の関与を結論付けた、と報じている。

(カイロ鈴木眞吉)