世界日報 Web版

クシュナー氏ら中東諸国歴訪、米独自の和平案に支持求める


800

 トランプ米大統領の娘婿で中東和平仲介を担当するクシュナー大統領上級顧問らは先月、イスラエルをはじめ、ヨルダン、サウジアラビア、エジプトなど中東の関係諸国を歴訪した。各国政府と米独自のパレスチナ和平案を協議、支持を求めたとみられている。(エルサレム・森田貴裕)

 イスラエルのネタニヤフ首相は先月18日、ヨルダンの首都アンマンを訪問し、アブドラ国王と会談。中東和平プロセスや両国関係を協議した。クシュナー氏らの中東関係諸国の歴訪を前に、事前協議を行ったとみられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ