世界日報 Web版

イラク議会選でのサドル師勝利にイランの勢力拡大を懸念するFT紙


◆民主的な選挙に驚き

 イラク連邦議会選が12日行われ、かつて反米勢力を率いて、米軍を攻撃していたイスラム教シーア派のサドル師率いる政党連合「改革への行進」が、予想を覆して第1党に躍り出た。隣国シリア、イラン情勢が動揺する中、今後、イラク次期政権がどのような外交を展開するかで、中東情勢は大きく変わってくる可能性がある。

 サドル師はイラク戦争当時から、米軍の撤収を求め、武力攻撃を行ってきた。2011年の米軍部隊のイラク撤収は、サドル師の影響が非常に大きかったとされている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ