世界日報 Web版

米の核合意離脱でシリア緊迫


800

 8日のトランプ米大統領によるイラン核合意からの離脱の発表を引き金に、内戦下にあるシリアで、合意離脱を支持するイスラエルと、米国を敵視し離脱に反対するイランの軍事的緊張が高まっている。(エルサレム・森田貴裕)

 イラン核合意について「完全に修正されるか破棄されるべきだ」と訴えていたイスラエルのネタニヤフ首相は8日、トランプ米大統領によるイラン核合意離脱と経済制裁再開の発表を受け、「勇敢な決定を全面的に支持する」と表明。イランが核合意で得た経済的利益がシリアなどでの攻撃を拡大させたと批判。米国の離脱決定は「歴史的な動き」だとしてトランプ氏に謝意を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ