世界日報 Web版

イスラエル、イランの影響力拡大を警戒


ロシア空軍基地

 イランがレバノンで、精密誘導システムを開発している可能性が指摘される中、イスラエルのネタニヤフ首相は先月29日、モスクワでロシアのプーチン大統領と会談し、「イランはレバノンを大規模なミサイル基地にしようとしている」と警告した。(エルサレム・森田貴裕)

 会談では、シリアで軍事的影響力の拡大を続けるイランと、レバノンでの精密誘導ミサイル製造工場建設の問題に焦点が当てられたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ