世界日報 Web版

孤影の中にあるパレスチナ


渥美 堅持

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持

 米国のトランプ大統領が大統領選に臨むに当たり公約した項目の中に「エルサレムはイスラエルの首都であり、米国大使館もそこに置かれる」というエルサレム宣言が存在していたことは知られていたが、それが大統領就任1年を前に宣言されるとは誰も思わなかった。世界は国連を通してこの宣言を封印、この問題の当事者とも言えるパレスチナ自治政府も、問題解決者として仲介役を引き受けている米国の役目を拒否し、その怒りを表現した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ