世界日報 Web版

抑制的だった米のシリア攻撃


乾 一宇

ロシア研究家 乾 一宇

 トランプ米大統領は、シリア政府軍がイドリブの反政府側支配地域を化学弾で空爆、子供を含む多数の犠牲者が出たことに対し、2日後の4月6日、人道上の見地から巡航ミサイル・トマホークで、政府軍戦闘爆撃機が発進したシャイラト空軍基地の攻撃を命じた。

 ロシアは、政府軍が化学兵器を使用したことを否定し、国連安保理で誰が使用したかを公正な立場で調査するように求めた。もちろんシリアのアサド大統領も政府軍による化学兵器の使用を否定している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP