世界日報 Web版

暴力否定・差別撤廃の新宗教令を


モハメド・ファイエズ・ファラハト

アルアハラム政治戦略研究所研究員
モハメド・F・ファラハト氏(下)

トランプ次期米大統領はイランと西側との核合意を再考すると語ったが、どう評価する。

 彼の最近の数カ月間の声明などを通じて理解しようとするなら、米国の中東政策は戦略的変化をするだろうと思う。しかし、この変化が中東地域をより安定に導くかというと、全体的には中東を不安定化すると思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ