世界日報 Web版

オバマ中東政策、同胞団をイスラム穏健派と誤認


モハメド・ファイエズ・ファラハト

アルアハラム政治戦略研究所研究員
モハメド・F・ファラハト氏(上)

オバマ米大統領の中東政策をどう評価する?

 第一に、アラブの春運動を捉え、中東諸国の政権を変えようとした。リビアでカダフィ政権を打倒したが、同時にリビアの国家体制をも破壊。オバマ政権は国家再建のプログラムを持っていなかった。リビアには、多くの過激派、聖戦派戦闘員が現れ、中東全体に深い混乱と闘争をもたらしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ