世界日報 Web版

イラクなどで大規模自爆テロ頻発


800

イスラム各派が主導権争い

 自爆テロによる大量殺戮がこのところ急増してきた。主要な理由は、勢力後退傾向がみられる過激派組織「イスラム国」(IS)による“焦燥感”とみられている。そもそも、全世界を舞台にした異常な暴力の嵐は、イスラム各派による世界制覇の主導権争いとの見方もある。最近、国際テロ組織アルカイダの前最高指導者ウサマ・ビンラディンの息子が名乗りを上げた。過激派組織の合従連衡の動きも見られる中、解決の鍵は一体どこにあるのか。(カイロ・鈴木眞吉)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ